2019年01月22日

「若手メキメキ成長中!“若葉塾”の紹介」

「若手メキメキ成長中!“若葉塾”の紹介」


当社には、実は以前ブログでも紹介した資格取得支援講座の“中の塾”のほかにもう一つ、若手社員向けの塾があります。

その名は、

①.jpg

当社のイメージカラーである若葉色には
「常に初心を忘れず、いろいろ学び、日々成長し、社会に貢献できる社員で在りたい」
との想いが込められており、その想いを形にしたのが“若葉塾”なんです。

具体的には、若手技術者の基礎知識の向上と育成を図ることを目的に、現場で見て・聞いて・触って・感じて学ぶというスタイルの塾です。
塾長は、我が社のスーパーアドバイサー(顧問)である後藤塾長です。

②.jpg       ③.jpg
   橋脚コンクリートの確認          トンネル工事現場の見学

④.jpg      ⑤.jpg
    橋桁架設後の確認           座学も行います

この若葉塾を通じて急成長を遂げたのが、新卒として入社し、1年を迎える只野技師です。
当初は右も左も分からない状態だった彼も今では積極的に学ぼうとする姿勢が見られます。

ここで、只野技師に若葉塾の感想を聞いてみましょう。

⑥.JPG

「私は高所恐怖症のため、高架橋の上など現場によっては不安な気持ちが今でもありますが、その分安全対策を強く意識するようにしています。その甲斐あってか、少しずつ克服できるのではないかと思っています。また、若葉塾の受講後にはA4一枚の研修報告書を手書きで提出するのですが、学んだことが多すぎて一枚にまとめるのは大変です。しかし、文書の添削なども行って下さるので少しずつですが、「書く」ということに対する苦手意識を持たないようになりました。まだまだ未熟ではありますが、今後も精進目指してがんばります。」


また、参加者には女性技術者もいて、時にはベテラン社員も参加し、様々な人達で盛り上げながら、社員だけでなくこの若葉塾自体も日々進化している状況です。

もちろん、この若葉塾は当社の力だけで開催できるものではなく、関係者の皆様のご理解とご協力をいただき、開催することができています。
様々な人達に支えられ、協力し、これからも当社は、現在そして将来の公共工事の品質確保と、担い手の育成を目指して“漸進(ぜんしん)”して参ります!

posted by ナカノ at 14:00| 日記 | 更新情報をチェックする

2018年07月05日

タイトル「オシゴト紹介 ~大学CAD講師編~」


当社には、大学で臨時講師としてCAD操作を教えている社員がいるんです。
今回は、そんな二人の講義風景を紹介します。

CADとは、パソコン上で設計図などの様々な図面を作成するソフトのことで、「オートCAD」が有名ですね。
授業でもオートCADを使用して、学生の皆さんが勉強しています。

①.jpg

郡山市にある、日本大学工学部のキャンパスです。彼らはここで
CADを教えています。

②.jpg

3年生のCADの授業風景です。広い教室で約90名の学生が
学んでいるそうです。
教室にはCAD用のパソコンがズラリと並んでいます。

③.jpg

④.jpg

講師の三浦さんと柴崎くん(新卒2年目)です。

学生の質問にも、一つ一つ親切に答えて、操作を教えていました。
会社にいる時とは違うオーラを感じます。

⑤.jpg

普段の仕事とは違う環境で、学生に将来役に立つことを教える、ということに
関われる機会があるのは、とても貴重なことだと思います。
彼らの指導が、学生達の将来の仕事に少しでも役に立てると嬉しいですね!
posted by ナカノ at 15:17| 日記 | 更新情報をチェックする

2018年02月26日

「魁!!“中の塾”開講しました!」

当社では、社員の技術力向上の一環として、資格取得支援講座、名付けて
“中の塾”を開講しました。
中の塾ロゴ.jpg
商標権出願検討中(嘘)

昨年11月から始まった本塾の塾長はもちろん、江田○平○塾長!
ではなく、我が社の副技師長であります八巻塾長です。
塾長のもと、本気で資格取得を目指す総勢19名の塾生(2月現在)が自主参加し、月一回のペースで勉強に励んでおります。
①.JPG ②.JPG   
(上:本社 / 下:福島支店  両方で開講してます)

講師の八巻塾長は、ご自身が技術士を受験したときの経験等を踏まえ、最近では業界の様々な資格の外部講師としても活躍しています。
もちろん、当塾にもそのエッセンスが注ぎ込まれています。
③.JPG

この塾のユニークな特徴として、“チーム制”を採っていることです。
特に技術士二次試験チームでは、論文対策として、5人1チームとなり、一人ずつ異なるテーマの論文を書いています。
塾で計5人分の異なる論文を持ち寄り、そして共有することで、通常の5倍のスピードで論文知識を効率的に会得することができるわけです。特許取得の検討中です。(大嘘)

もちろん、社員は無料で受講できます。
(社外での募集はしておりませんが。。。)
先日、技術士一次試験合格者が輩出され、早速効果が出始めているようです!

まだ始まったばかりですが、少しでも目指す資格の合格への近道となるよう陰ながら応援する次第です。
“漸進”していきましょう!!
posted by ナカノ at 16:00| 日記 | 更新情報をチェックする