2018年07月05日

タイトル「オシゴト紹介 ~大学CAD講師編~」


当社には、大学で臨時講師としてCAD操作を教えている社員がいるんです。
今回は、そんな二人の講義風景を紹介します。

CADとは、パソコン上で設計図などの様々な図面を作成するソフトのことで、「オートCAD」が有名ですね。
授業でもオートCADを使用して、学生の皆さんが勉強しています。

①.jpg

郡山市にある、日本大学工学部のキャンパスです。彼らはここで
CADを教えています。

②.jpg

3年生のCADの授業風景です。広い教室で約90名の学生が
学んでいるそうです。
教室にはCAD用のパソコンがズラリと並んでいます。

③.jpg

④.jpg

講師の三浦さんと柴崎くん(新卒2年目)です。

学生の質問にも、一つ一つ親切に答えて、操作を教えていました。
会社にいる時とは違うオーラを感じます。

⑤.jpg

普段の仕事とは違う環境で、学生に将来役に立つことを教える、ということに
関われる機会があるのは、とても貴重なことだと思います。
彼らの指導が、学生達の将来の仕事に少しでも役に立てると嬉しいですね!


posted by ナカノ at 15:17| 日記 | 更新情報をチェックする

2018年02月26日

「魁!!“中の塾”開講しました!」

当社では、社員の技術力向上の一環として、資格取得支援講座、名付けて
“中の塾”を開講しました。
中の塾ロゴ.jpg
商標権出願検討中(嘘)

昨年11月から始まった本塾の塾長はもちろん、江田○平○塾長!
ではなく、我が社の副技師長であります八巻塾長です。
塾長のもと、本気で資格取得を目指す総勢19名の塾生(2月現在)が自主参加し、月一回のペースで勉強に励んでおります。
①.JPG ②.JPG   
(上:本社 / 下:福島支店  両方で開講してます)

講師の八巻塾長は、ご自身が技術士を受験したときの経験等を踏まえ、最近では業界の様々な資格の外部講師としても活躍しています。
もちろん、当塾にもそのエッセンスが注ぎ込まれています。
③.JPG

この塾のユニークな特徴として、“チーム制”を採っていることです。
特に技術士二次試験チームでは、論文対策として、5人1チームとなり、一人ずつ異なるテーマの論文を書いています。
塾で計5人分の異なる論文を持ち寄り、そして共有することで、通常の5倍のスピードで論文知識を効率的に会得することができるわけです。特許取得の検討中です。(大嘘)

もちろん、社員は無料で受講できます。
(社外での募集はしておりませんが。。。)
先日、技術士一次試験合格者が輩出され、早速効果が出始めているようです!

まだ始まったばかりですが、少しでも目指す資格の合格への近道となるよう陰ながら応援する次第です。
“漸進”していきましょう!!
posted by ナカノ at 16:00| 日記 | 更新情報をチェックする

2017年05月29日

「旋風チャンス ~~新卒社員が入社しました~~」

年度末・年度始めは別れと出会いの季節。春の訪れとともに、当社にも新しい風が吹き込んで参りました。
4月紹介の予定がちょっと気を抜いたら5月になってしまいました、総務部の田中です。

さて、冒頭のとおり当社でも3月に大学を卒業したピッチピチの2名が入社しました。

①.JPG
(緊張の面持ちの2名:左から千田くん、柴崎くん)

当社では数年前より新卒採用に力を入れて取り組んできましたが、2名の採用は初です!
ぜひともこの2人には、切磋琢磨しながら未来の当社を担う技術者として成長してくれることを期待したいところです。

ということで、この2名に抱負を語っていただきましょう!
まずは、東北学院大学 工学部 環境建設工学科 卒業の柴崎純一くんです。

柴崎「柴崎純一です。今年の抱負は3つあります。1つ目は土木の基礎を身につけることです。図面の見方や専門用語など分からないものがたくさんありますが、興味を持って自分から調べたり、先輩社員から教えていただいたりして覚えていきたいと思います。2つ目は自分から積極的に考え、行動することです。勉強や仕事、手伝いなど自分からしていきたいと思います。3つ目は気遣いができるようにしたいです。生活、仕事の両方の面において相手に喜んでもらえるようなことをできるようにしたいです。これから頑張ります。」
②.jpg

続いて、日本大学 工学部 土木工学科 卒業の千田智之くんです。

千田「福島支店建設情報技術支援室に配属されました。千田智之です。よろしくお願いします。
今年の抱負は『臨機応変』です。
これから仕事を覚えていく上で、現場に赴くことや他社との打ち合わせなどのほか、電話応対でも相手によって様々な対応に迫られることが考えられます。
様々な状況に的確に対応できるようになることを目標としていますので、この言葉を抱負に選びました。」
③.jpg


創業25周年を終えて、次の25年に向けて歩み始めた「漸進元年」に入社となった2人
ですが、この2人の新人社員は当社でどんな旋風を巻き起こすのか。
乞うご期待!


posted by ナカノ at 15:37| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。